募集要項

募集要項

2016年度願書の受付を締め切りました。

奨学金制度の概要 (直接応募)

1)奨学金給付額

年額200万円、150万円または100万円
(当財団選考委員会による評価に応じて決定)
ただし、併給の場合は年額50万円
※学業が不良のとき、また法律を犯す行為だけでなく、倫理・道徳観念上、学生として不適切な行為があった場合は、
給付額減額または給付停止となることがあります。

2)奨学期間

1年間(4月~翌年3月)
※奨学期間中、所属大学に在学していることが条件です。
なお、奨学期間は1年間ですが、継続申請を認めます(奨学期間は最長3年間まで)。

3)申請者の区分 

  1. 新規申請者:当財団から奨学金の給付を受けたことのない申請者
  2. 継続申請者:当財団から過去に奨学金を給付された申請者

4)支給停止の要件

(1) 退学したとき
(2) 奨学生が休学し、又は長期にわたって欠席したとき
(3) 奨学生が原級にとどまったとき、又は卒業延期の恐れが生じたとき
(4) 傷い、疾病などのため成業の見込みがなくなったとき
(5) 学業成績又は性行が不良となったとき
(6) 奨学金を必要としない理由が生じたとき
(7) 上記のほか、奨学生として適当でない事実があったとき
(8) 在学校で処分を受け、学籍を失ったとき
(9) その他奨学生としての資格を失ったとき

応募資格

(1) 2016年4月1日時点で満38歳以下の私費留学生(在留資格が「留学」の者に限る)
(2) 日本国内の大学又は大学院の正規課程に在学し、人の健康に深く関連する分野(医学、薬学、生物学、栄養学、体育学、工学等)及び経営学(経営学の基盤ができていない発展途上国出身の留学生については「国際関係学分野」も対象に含む)の研究をしている者(ただし学部1、2年生は応募不可)
(3) 向学心に富み、学業優秀であり、品行方正である者 
(4) 独自性のある研究、革新的な研究に携わっている者
(5) 国際的視野を持ち、日本と母国の架け橋としてリーダーシップを発揮できる者
(6) 学資の支弁が困難と認められる者
(7) 上記(1)~(6)の資格及びその他当財団の定める条件を満たす者

※標準修業年限内での修了が見込めない者は応募不可

応募方法

1)応募の方法

今年度より申請サポートシステムを導入しました。昨年とは応募方法が異なりますので注意してください。

奨学生願書・推薦状のダウンロードファイル ※願書はこちらからダウンロードしてください。
・2016年度版 新規申請者:PDF(約323Kb)
・2016年度版 継続申請者:PDF(約328Kb)
・推薦状:Excel(約45Kb)
  (推薦状をタイプする場合は、PDF、Excelどちらをお使いいただいても結構です。ただし、署名は推薦者の自筆のみ可。)

  1. 当財団ウェブサイトTOPページの「奨学金に応募する」より申請サポートシステムへ入り、「申請の流れ」に従って基本情報を入力の上、PDFにした願書(推薦状は除く)、成績証明書、日本語訳(英語で願書を記入した場合のみ)をWeb提出してください。

  2. Web提出後に通知される受付番号を必要箇所に記入の上、応募書類をまとめて事務局宛に郵送してください。

    【送付先】 〒540-0021 
    大阪府大阪市中央区大手通3-2-27
    大塚グループ大阪本社ビル
    公益財団法人大塚敏美育英奨学財団 事務局

    ※願書はすべて応募者本人が日本語または英語で手書きすること(推薦状は除く)
    なお、英語で書かれた願書も受け付けますが、日本語訳の添付が必須です。
    詳細はQ&Aを参照してください。
    ※提出された書類は、当財団の事業を遂行する目的以外には一切使用しません。
    ※応募書類は返却しません。

2)応募書類

  1. 奨学生願書 (A4サイズで片面印刷した当財団指定用紙を使用し、ホチキス留めしないこと)
  2. 推薦状 (推薦者が自筆で署名の上、密封して提出すること)
  3. 写真1枚 (カラー、上半身正面で、応募前6ヵ月以内のもの、4.5×3.5cmを願書に貼付のこと)
  4. 成績証明書 (履修科目、単位数、点数、評価及びその説明のあるもの。合格、不合格の評価のみのものは不可。段階評価又は点数評価された直近の年のものを送付のこと)
  5. 在学証明書 (2016年4月1日以降のもの)
  6. 住民票の写し (2016年4月1日以降のもの。コピー不可。記載内容が省略されたもの不可。
  7. 他の奨学金、研究助成金の有無 (2016年4月~2017年3月にかかる期間で受給が有る場合は、支給団体名、期間、金額等を証する写し)

※継続申請者は過去に応募した際の願書を書き写さないこと

3)応募期間

Web提出:2016年4月1日(金)9時~5月11日(水)24時
郵送:2016年4月1日(金)~5月13日(金)(事務局必着)

選考及び採用並びに奨学金の給付について

1)選考

選考は書類選考と面接試験(書類選考合格者のみ)によって行い、採用は選考委員会を経て代表理事が決定します。
書類選考不合格者への通知はしません。
なお、面接試験は7月中旬頃に行います。

2)採用

7月中に採否を決定し、7月末までに本人に通知します。
その通知をもって内定とし、2016年夏に開催する当財団認定式への出席及び当財団指定の「確認書」の提出をもって正式採用とします。

3)奨学金の支給時期と返還について

原則として年間支給額を2回に分けて、8月、12月の一定日に直接本人名義の口座に送金します。

4)採用予定人数

2016年度:約100名(2015年度の実績94名、2014年度の実績87名)

特徴

この奨学金の特徴は次の通り

  1. 奨学金は給付とし、返済の義務はありません。
  2. 奨学生の卒業後の就職、その他一切については、本人の自由とします。

奨学生の義務

奨学生は以下に定める義務を履行する必要があります。

(1) 奨学生は、募集要項に規定された内容を遵守し、資格条件に抵触することがあれば速やかに届け出ること
(2) 次のいずれかに該当する場合は、直ちにその旨を代表理事に届け出ること
     1. 休学、復学、転学又は退学したとき
     2. 停学その他の処分を受けたとき
     3. 氏名、住所その他重要な事項に変更があったとき
     4. 留年又は卒業延期の恐れが生じたとき
(3) 下記の書類を代表理事に提出すること
     1. 在学証明書及び生活状況報告書 
     2. 成績証明書
(4) 当財団主催の行事に参加すること